米沢嘉博記念図書館報

明治大学/米沢嘉博記念図書館からのお知らせなどをお送りいたします。【開館日】平日(月・金のみ)14:00-20:00 土・日・祝12:00-18:00 【休館日】火・水・木、年末年始、特別整理期間

当館の利用者さんの声2021

当館は明治大学付属のまんがとサブカルチャーの図書館です。
まんがとサブカルチャーの図書館って、どのような利用をされているの?と質問を受けることもあります。
これまでにも本学の学生さんの声をお伝えしてきましたが、
今回は本学以外の学生さんにお話をお聞きすることができました!

f:id:yonezawa_lib:20210510201351j:plain

2階閲覧室の様子

-----
回答者 Sさん(大東文化大学文学部書道学科 2020年度卒業生)

Q:米沢嘉博記念図書館を使い始めたのはいつごろですか?
Sさん:去年の12月頃です。

 

Q:主にどのような目的で当館を利用しましたか?
Sさん:卒業論文の資料集めで利用しました。
漫画に使用されるフォントの調査をしていました。
私が必要としていたのは、戦後から2010年頃までのコミック誌の資料でした。
正直「そんなに資料があるのかな」と不安に思っていましたが、幅広い年代の資料を取り扱っており、無事、論文資料を手にする事ができました。
コロナ禍でどこにも行けず、資料集めが困難だった為非常に助かりました。

 

Q:利用した資料で印象に残っているものはありますか?
Sさん:指定する資料はありませんが、年代によって使用されるフォント表現の変化が非常に面白かったです。
あくまで漫画の主役は絵ですが、文字表現も漫画において必要不可欠です。
セリフやナレーション、感情等、様々なフォントの表現によって私たち読み手は読み方を変えています。
戦後から1960年代のフォントは、絵の中に存在する文字でしかありませんでしたが、1970年代頃からだんだんとフォントの表現が鮮やかになってきています。
普段注目しない所に注目してみる事によって、新たな発見が得られましたし、漫画の読み方の幅を広げる事もできました。

 

Q:大学生に伝えたいポイントはありますか?
Sさん:大学生に限らず、漫画が好きな人はここに来てみてください。
本当に多くの漫画を取り扱っているので、「自分の知らない漫画はまたまだあるな」と思います。私もその1人です。
司書さんたちも非常に良い方ばかりで、「漫画のフォントついて調査している」と伝えたら、たくさんのヒントを頂きました。
現代マンガ図書館の複合運用も開始したそうなので、さらに利用の幅が広がったと聞きます。
全盛期に比べて紙の本としての漫画の売上は落ちてきています。
これからもどんどん本としての漫画の出回りは少なくなっていくでしょう。「この漫画読みたいのにどこにもない、、、」と諦めてしまった方もいるかもしれません。
諦める前に、是非一度でいいのでここに来てみてください
きっと素敵な出会いや再会があるはずです。

-----

コロナ禍の中、いつにも増して大変だった資料調査を、限られた機会に懸命にすすめられたSさん。

このように、さまざまな視点、立場から当館の広がることを、私たちも大変嬉しく思っています。

Sさん、ありがとうございました!

 

現代マンガ図書館との複合運用もスタートした当館。

蔵書から、大学生におすすめの海外マンガも動画で紹介していますよ。

みなさま、ぜひいろんな資料を活用してみてください。

 

〒101-8301
東京都千代田区神田猿楽町1-7-1
米沢嘉博記念図書館・現代マンガ図書館

 

現代マンガ図書館との複合運用がスタートしました!

明治大学には2つのマンガ図書館があります。

マンガ評論家の米沢嘉博氏の収集した資料をもとにした 米沢嘉博記念図書館 と、

内記稔夫氏が私設のマンガ図書館としてスタートし、2009年から明治大学が運営を行っている 現代マンガ図書館 です。

 

しばらく休館しておりました現代マンガ図書館ですが、この度、駿河台キャンパス(東京都千代田区)への移転を完了し、2021年3月19日より、米沢嘉博記念図書館現代マンガ図書館(東京都千代田区神田猿楽町1-7-1)で複合運用を開始します。

 

f:id:yonezawa_lib:20210319112343p:plain

どんなサービスがはじまるの?

 

★両館の資料を閲覧室にて利用できます!(現代マンガ図書館の当日閲覧数には制限があります)
★両館の資料を対象とした資料閲覧の事前予約ができるようになりました!
★両館の資料を対象とした郵送複写ができるようになりました!

 

★両館の資料を閲覧室にて利用とは…

現代マンガ図書館の資料閲覧などサービスの場所が、米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区神田猿楽町1-7-1)になりました。

つまり両館の資料が一か所でご利用いただけます!

ただし現代マンガ図書館の資料は館内にはなく、閲覧室に届ける形です。

そのため

現代マンガ図書館の当日閲覧は10冊まで

現代マンガ図書館の当日出納依頼は閉館1時間前までに申込み

などの制限があります。

くわしくは「ご利用・アクセス」をご覧ください。

f:id:yonezawa_lib:20210319101859j:plain

2階閲覧室の様子

★両館の資料を対象とした資料閲覧の事前予約とは…

米沢嘉博記念図書館の書庫、保管庫の資料と、現代マンガ図書館の資料を、

来館日に合わせて事前に閲覧予約申し込みができるようになりました。

資料によって申込みしめきりが違うなどの注意があります。

くわしくはこちらのページをご覧ください。

実はこれを機に、これまで利用不可となっていた、

米沢嘉博記念図書館保管庫の資料およそ62000冊も、

事前予約のお申込みで、利用できるようになりました!

 

★両館の資料を対象とした郵送複写とは…

米沢嘉博記念図書館現代マンガ図書館の所蔵資料の郵送複写の申込みができるようになりました。

くわしくはこちらのページをご覧ください。

 

そして…

レファレンスフォームができました

郵送複写のお申込みの際に「どの場所を指定したらいいかわからない」、

会員じゃないけど郵送複写を申し込みたい、

資料の調査について聞きたい、

などなどのご相談をお受けする専用フォームをぜひご利用ください。

 

f:id:yonezawa_lib:20210319101955j:plain

現代マンガ図書館資料保管の様子

新しいサービスを開始する一方で、従来、現代まんが図書館をご利用いただいていた方には、一日の利用冊数に上限が設けられるなどの変更もお願いすることになりました。

米沢嘉博記念図書館千代田区神田で2009年に開館、新宿区早稲田にあった現代マンガ図書館明治大学の運営になったのも同年です。

それぞれに開館から10年を越えましたが、複合運用はまた新しい一歩となります。

ご来館の方へは新型コロナ感染症への対策を計りながら、また郵送複写や事前予約など、ご自宅からお申込み可能なサービスもご活用いただき、

両館の貴重な資料を広くみなさまにご利用いただけるように努めてまいります。

米沢嘉博記念図書館・現代まんが図書館をどうぞよろしくお願いいたします!

f:id:yonezawa_lib:20210319103253j:plainf:id:yonezawa_lib:20210319112559j:plain

 明治大学 米沢嘉博記念図書館現代マンガ図書館

 

 

インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~」ページ公開時期のご案内

インターネット上で原画や解説が楽しめる企画展示、
「インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~」は、
米沢嘉博記念図書館の1階でも実物の展示を行っていました。


直接ご来館いただけるのは明治大学の学生、教職員に限られていましたが、
訪れてくださった方からは「原画がとてもきれいでおどろいた」「色鮮やかでかわいらしさが引き立ちますね」などの感想が寄せられました。



後期展示室の様子「インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~」

会場の様子は動画でも見ることができます!

 

リアル会場は11月20日を持ちまして終了いたしましたが…
インターネット上では当展示は2021年3月12日まで現在と同じ形式のままご覧いただけます!
※3月12日からは解説を中心としたアーカイブに切り替わります。

引き続きほのぼのと、クスッと和む園山作品をどうぞお楽しみください!

f:id:yonezawa_lib:20201120172214j:plain

 

「インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~」関連資料展示について

ただいま当館ではインターネット上で見ることができる展示、

インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~

を開催中です。

 

これにあわせ、「がんばれゴンベ」「ギャートルズ」「ペエスケ」などの多彩な作品を描き続けた園山俊二氏の単行本を2階閲覧室でご覧いただけます。

f:id:yonezawa_lib:20201116190403j:plain

園山俊二展関連資料の様子

 

例えば…『ギャートルズ』に、いろんなバージョンや派生作品が存在することをご存じですか?
当館でも3バージョンの読み比べができます。
中でも特におすすめは中央公論社版(の中にも新旧2バージョン存在します)です。


神様たちがマージャンをしながら世界創生、人間を作ったりするところから始まり、そうとうアバンギャルド、パンキッシュな内容です!そして笑ってしまえるとは。
園山作品って!!人間って!!自由って!!ギャートルズ

アニメ版しか知らない方も、この機会にぜひ原作の世界もお楽しみください。


幅広い世代に愛されるほのぼのとした雰囲気の作品の一方、
時代を巧みに感じさせる少し大人っぽい作品、
そして私家版として制作された平和を願い、自由を制限するものへの反抗を描いた作品…

さまざまなマンガを手に取っていただけたらと思います。

f:id:yonezawa_lib:20201116190421j:plain

長く愛される作品、ぜひ楽しんでください!

 

現在、当館のご利用はは明治大学の学生及び教職員の方のみが来館可能な状況ですが、
直接、館にお越しいただいての観覧については随時HP、またTwitterなどで発信しております。
またこれからの折々に素敵な作品に出会っていただけるように、2階閲覧室でも準備しています。

 

米沢嘉博記念図書館TOP

 

〒101-8301
東京都千代田区神田猿楽町1-7-1

明治大学 米沢嘉博記念図書館

第13回日本国際漫画賞受賞作の展示について

日本から世界に広がるマンガ文化を通じて国際交流と相互理解の輪を広げることを目的として創設された、外務省主催の「日本国際漫画賞」。
その受賞作を当館2階閲覧室で展示しています。

f:id:yonezawa_lib:20200831194539j:plain

現在(2020年9月)は本学の学部生、院生、教職員のみ来館可能となっております。
残念ながら一般の方はご来館いただけないので、展示の様子をブログでお伝えします!


第13回日本国際漫画賞は66の国・地域から345作品の応募がありました。
そのうち、最優秀賞及び優秀賞に輝いた受賞作品15作品を閲覧いだたけます。
例えば最優秀賞作品はイスラエル、優秀賞3作品はタイ、スペイン、ブラジルと、多様な国の作品を一度に見ることができるのも魅力です。

 

◆今回の2階展示担当者より◆

今回の展示は、地球儀をイメージした円形展示です。

受賞作品に敬意を表し、すべて表紙が見えるように、

そしてすぐに読めるように配置しました。

小さな日本国際漫画賞カフェに迷い込んだ気分で、

ぜひ、世界の作品世界にダイヴしてみてください。

世界から発信された作品たちは、バラエティに富み、世界思考を刺激してくれます。

異国の空気、人としての同じ感情、知らなかった世界、

あなたは2020年の世界の地平に何を見つけるでしょうか。

 

----------

f:id:yonezawa_lib:20200831194812j:plain

f:id:yonezawa_lib:20200831194827j:plain




当館では、邦訳された海外マンガ、外国マンガも数多く所蔵しています。
さまざまな国の表現に触れる機会を、またたくさんの方と持てますよう願っています!

 

 

米沢嘉博記念図書館TOP

〒101-8301
東京都千代田区神田猿楽町1-7-1

明治大学 米沢嘉博記念図書館

当館の利用者さんの声

f:id:yonezawa_lib:20200515185913j:plain

米沢嘉博記念図書館 外観


当館は明治大学付属のまんがとサブカルチャーの図書館です。
まんがとサブカルチャーの図書館って、どのような利用をされているの?と質問を受けることもあります。
そこで当館の2階閲覧室を利用された本学の卒業生にお話をお聞きしてみました!


---
Nさん(国際日本学部 2018年度卒)

Q:米沢嘉博記念図書館を使い始めたのはいつごろですか
A:最初に訪れたのは大学2年生の時、漫画家の西島大介先生のトークショーでした。
わたしは国際日本学部に在学しており、ちょうどその頃、日本漫画史という講義を受講していました。
そこで講義を担当されている宮本大人先生から、米沢嘉博記念図書館西島大介さんのトークイベントが開催されると聞き、興味を持ったのがきっかけです。
確かテーマが「マンガと戦争」でしたので、講義でも戦争マンガを扱っていたこともあり、今後の参考にしようとイベントに行くことにしました。
イベント自体は、『ディエンビエンフー』におけるキャラクターの表現や作者の戦争観、掲載の裏話などかなり充実した内容で、
戦争マンガに明るくないわたしでも楽しめましたし、何より作者の方がどういった考えを持って作品を描いているのかを知ることが出来て、とても勉強になりました。

 

Q:主にどのような目的で当館を利用しましたか
A:きっかけはトークショーでしたが、その後はたまに展示を見に行ったりしていました。
大学3年からは、閲覧室を頻繁に利用するようになりました。
ゼミナールにて同人イベントについて調査しており、同人イベントのカタログが米沢嘉博記念図書館で閲覧できると先生から紹介があったからです。
それから大学4年の12月までは、主に研究調査のために利用していました。
特に大学4年次に入ってからは、一時ほぼ毎週のように通っていたこともあります。ただ、2階閲覧室に向かう前に、息抜きにと1階の展示室を見てから行くことも多かったです。
平日の月・金の開館日は20時まで利用できたので、講義終わりに寄ることもしばしばありました。締切と戦いつつ研究を進める上では、本当にありがたかったです。

 

f:id:yonezawa_lib:20200515191620j:plain

米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室

Q:利用した資料で印象に残っているものはありますか
A:コミックマーケットのカタログがはじめて冊子版になった年のカタログ(C21)と、コミティアの第1回カタログです。
表紙はモノクロ、ページ数は数十ページほど、文字も手書きで、現在のカタログと比較すると同じイベントのカタログとは思えません。
この2つのイベントが辿ってきた歴史を感じることができる、貴重な資料だと思います。
米沢嘉博記念図書館では、そういった普段なかなか見ることが難しい資料も閲覧できる点が魅力ではないでしょうか。
国会図書館にも収蔵されているのですが、ティアズマガジン初期のものは欠巻があるので、全巻閲覧できるのは米沢嘉博記念図書館だけです。
また、資料の取り寄せや複写を待っている間に開架書庫にある昔のマンガを読んだり、1階の展示に際した特設コーナーを見たりできる点も魅力でした。

 

Q:明治大学生に伝えたいポイントはありますか
A:あまり知られていないようですが、明治大学生は米沢嘉博記念図書館を無料で利用することができます。
ここは駿河台キャンパスからは徒歩5分程度なのですが、にもかかわらず明大生で知っている人が少ないのは、あまりにもったいないと思います!!
わたしはゼミでの研究のためによく利用させていただいていましたが、そういった研究のためだけではなく、
空き時間にふらっと展示を見に寄ったり、2階の閲覧室でマンガを読んで時間を潰したり、土日に好きな漫画家さんのトークショーに行ったりするのも楽しいですよ。
特に、1階の閲覧室では数か月ごとに企画展が催されており、漫画家さんの貴重な原画が展示されています。
原画の迫力は、間近で見ないと分からないので、マンガ好きの人は是非一度行ってみてください。
公式Twitterをフォローすると、イベントやトークショー、開館日程の情報が分かるのでおすすめです。
---

同人誌即売会のカタログという特徴的な資料を熱心に利用されたNさん。
資料以外の当館独自の企画展示や催しにも足を運んでもらって嬉しいです!


当館は明治大学の学生・教職員のほか、一般の方もご利用になれます。
2020年5月現在は休館しておりますが、HPメールトップページのメールフォームから調べもののご相談をお受けしております。
また開館のときはどうぞお立ち寄りください。

 

www.meiji.ac.jp

〒101-8301
東京都千代田区神田猿楽町1-7-1

 

「紙資料から見るコミックマーケット展」が開催中です

●どんな展示なの?
ただいま1階の展示室にて「紙資料から見るコミックマーケット展」を開催中です。
今年の夏には4日間で73万人が参加したコミックマーケットを支える「紙資料」に注目した展示です。
コミックマーケットは主に同人誌を作って持ち寄るイベントですが、今回は同人誌ではなく、催しを支える紙……たとえば申込書や歴代のカタログ、コスプレする人へのルールを説明したガイドなどなどを展示、解説しています。

 

f:id:yonezawa_lib:20191014173157j:plain

●どんな資料があるの?
まだカタログが無かったころのプログラムパンフレット、カタログ、2006年まであった委託コーナーのパンフレットや、参加申込書や出展サークル専用通行証の移り変わりなど、紙の資料を大小あわせて約100点以上を展示しています。

例えばサークル参加の申込書は……
第16回(1980年)の申込書では、ジャンルはマンガかアニメの2択でした。
それが第29回(1985年)のジャンルはマンガ、アニメ、その他(マイコン、フィギュアなど)に分かれ、
第55回(1998年)になるとさらに細かく分けられ、その中でもゲーム(格闘)とSNK(格闘)が分けられるほど格闘ゲームが流行していたことが伺えます。
ジャンルの変遷を追うと参加者が増えていった様子、また当時同人誌を作っていた人たちの流行も読み取れます。

あわせて、カタログの表紙を飾ったイラストの原画やポスターなど、ここでしか見ることのできない華やかなコーナーも!

f:id:yonezawa_lib:20191014174333j:plain


●今回の展示を見る3つの視点
この度の企画展示の開催にあたり、3つのことを考えました。

★時代を感じる
コミケには長い歴史があります。
 「私が参加しはじめたのはこの頃だな」「この時代のことは知らないなぁ」など、紙面を通じて“あの頃”との再会、また知らなかった時代との出会いが楽しいです!

★工夫を見つける
いまではたくさんの人が集まるコミケですが、第1回目は32サークル、参加者数は推定700人でした。
そこから44年。4日間73万人が集まるイベントになっていく途中には、さまざまな出来事がありました。
けして一足飛びに巨大イベントになったのではなく、その時々の参加者が協力し合い、試行錯誤して築き上げてきた工夫の足跡を紙資料から読み取ってみて下さい!

★多様さに驚く
長く、たくさんの人たちが繋いできたコミケはいまも続いています。
それにまつわる資料はとにかく多種多様でバリエーションも豊か!
あなたの知らないコミケの一面を発見することができるのではないでしょうか。
過去を知ることで、新たな発想に繋がるかもしれません。


「好き」「作品を描きたい、作りたい」という気持ちの人がこんなにも多く、長く参加し、その人たちが「次も参加して作品を並べたい!」と楽しみにできる場を作り続けるときに、どんなことが起こってきたのか……。
 毎回「次の参加にはどんな新刊を作ろうかな」「次のコミケでどんな同人誌と出会えるかな」と期待を寄せることができるのは、参加者の希望のともしびでもあると思っています。


記録し、それを繋いでいくことの積み重ねの素晴らしさをひとつのイベントの紙資料から感じていただけたらと思います。

 開催は11月4日まで。


■紙資料から見るコミックマーケット展
■会場:米沢嘉博記念図書館 1階展示室 (東京都千代田区神田猿楽町1-7-1)
■期間:2019年9月6日[金]~2019年11月4日[月・祝]
※火・水・木曜日(祝日の場合は開館)、11月1日は休館
※特別整理などで休館する場合があります。
  当館HPで確認、または開館日時に電話にてお問い合わせください。

 会期
 前期:9月6日(金)~9月30日(月)
 後期:10月4日(金)~11月4日(月・祝)